カジノミー銀行出金

<ウェブサイト名>

<現在の時刻>

出典: 標準

立命館大学 研究者学術情報データベース English>> TOPページ TOPページ > 後藤 一成 (最終更新日 : 2023-12-17 08:19:58) ゴトウ カズシゲ 後藤 一成 GOTO Kazushige 所属 スポーツ健康科学部 スポーツ健康科学科 職名 教授 業績 その他所属 プロフィール 学歴 職歴 委員会・協会等 所属学会 資格・免許 研究テーマ 研究概要 研究概要(関連画像) 現在の専門分野 研究 著書 論文 その他 学会発表 その他研究活動 講師・講演 受賞学術賞 科学研究費助成事業 競争的資金等(科研費を除く) 共同・受託研究実績 取得特許 研究高度化推進制度 教育 授業科目 教育活動 社会活動 社会における活動 研究交流希望テーマ その他 研究者からのメッセージ ホームページ メールアドレス 科研費研究者番号 researchmap研究者コード 外部研究者ID その他所属 1. スポーツ健康科学研究科   2. 総合科学技術研究機構 スポーツ健康科学研究センター   3. 総合科学技術研究機構 スポーツ健康科学総合研究所   学歴 1. 2004/03(学位取得) 筑波大学 博士(体育科学) 2. ~2004/03 筑波大学 体育科学研究科 博士課程 修了 職歴 1. 2017/04/01 立命館大学 スポーツ健康科学部 教授 2. 2010/04/01 ~ 2017/03/31 立命館大学 スポーツ健康科学部 准教授 3. 2008/04 ~ 2010/03 早稲田大学 スポーツ科学学術院 助教 4. 2005/04 ~ 2008/03 日本学術振興会 特別研究員(PD) 委員会・協会等 1. 2009/04 ~ 2011/03 日本体育学会 日本体育学会 庶務幹事 2. 2022/05 ~ Translational Sports Medicine Academic editor 3. 2021/10 ~ Frontiers in Physiology Review Editor 4. 2021/06 ~ Nutrients Associate Editor 5. 2018/12 ~ Fontoiers in Sports and Active Living Associate Editor 全件表示(8件) 所属学会 1. アメリカスポーツ医学会 2. ヨーロッパスポーツ科学会 3. 日本運動生理学会 4. 日本体育学会 5. 日本体力医学会 全件表示(6件) 資格・免許 1. 1999 高等学校教諭一種免許状(保健体育) 2. 1999 中学校・高等学校教諭一種免許状(保健体育) 取得 3. 1999 中学校教諭一種免許状(保健体育) 4. 1997 柔道参段 取得 研究テーマ 1. 低酸素環境で行う高強度運動の効果 2. 暑熱環境下で行う様々なトレーニングの効果 3. 様々な機能性食品の摂取が運動パフォーマンスや糖代謝・脂質代謝に及ぼす影響 4. 様々な環境での運動や栄養摂取が鉄代謝に及ぼす影響 5. 様々な運動に対する内分泌動態 全件表示(12件) 研究概要 スポーツ競技力向上および健康増進をねらいとした運動(トレーニング)、休養(リカバリー)、食事(ニュートリション)方法に関する研究 [スポーツ競技力向上をねらいとした研究]●低酸素環境でのトレーニングの効果低酸素環境でのトレーニングが無酸素性能力や有酸素性能力に及ぼす影響を検討している。●運動が筋損傷や炎症応答に及ぼす影響一過性の運動に対する筋損傷や炎症応答、また機能性食品の摂取や運動後における各種トリートメントが筋損傷や炎症応答を抑制するか否かを検討している。●運動が鉄代謝に及ぼす影響運動が鉄代謝、特に、鉄代謝の調節因子であるヘプシジン(肝臓由来のホルモン)の分泌応答に及ぼす影響を検討している。●運動時や休息時の機能性スポーツウェア着用の効果運動時や運動終了後に休息時における機能性スポーツウェアの着用が疲労や運動パフォーマンスの回復に及ぼす影響を検討している。●暑熱環境での長時間運動時の生理応答暑熱環境下での長時間運動時の体液バランスや体温調節を検討している。[健康増進をねらいとした研究」●運動が糖代謝や脂質代謝に及ぼす影響運動が筋グリコーゲン代謝や脂質代謝に及ぼす影響を検討している。脂質代謝に関しては、運動に伴う脂肪分解に加えて、呼気中アセトン濃度の変化に焦点をあてて研究を推進している。●運動が食欲調節に及ぼす影響運動が食事摂取量や消化器由来のホルモンの分泌応答に及ぼす影響を検討している。●運動時の環境温の相違がエネルギー代謝、糖代謝、脂質代謝に及ぼす影響運動時の環境温の変化がエネルギー代謝、炭水化物および脂肪酸化量などに及ぼす影響を検討している。 現在の専門分野 スポーツ科学, 応用健康科学 (キーワード:筋力トレーニング、有酸素性トレーニング、低酸素トレーニング、暑熱トレーニング、運動後におけるリカバリー、クライオセラピー、ホルモン、糖代謝、脂質代謝、エネルギー代謝、食欲、睡眠、メタボリックシンドローム) 著書 1. 2014/12 成長ホルモン「ニュー運動生理学Ⅱ」 │ ,283-290 (単著)   2. 2014/02 筋力や筋パワーを高める体力トレーニング(体力学、中谷敏昭編) │ ,160-170 (共著)   3. 2014/02 行動を起こす体力の加齢変化(体力学、中谷敏昭編) │ ,123-130 (共著)   4. 2014 Effects of Exercise on Appetite-Related Hormonal Regulations (In: Appetite: Regulation, Use of Stimulants and Cultural and Biological Influences. Ed.Bienertova-Vasku J) │ ,123-141 (共著)   5. 2012/02 筋力とエクササイズ「エクササイズ科学」 │ ,50-58 (共著)   全件表示(9件) 論文 1. 2024/01 Gastrointestinal function following endurance exercise under different environmental temperatures. │ European Journal of Applied Physiology │ (共著)   2. 2023/12 Effect of amino acid supplementation on iron regulation after endurance exercise. │ Nutrients │ (共著)   3. 2023/12 Sodium L-aspartate supplementation improves repeated-sprint performance. │ Nutrients │ 15,5117 (共著)   4. 2023/11 Continuous monitoring of interstitial fluid glucose responses to endurance exercise with different levels of carbohydrate intake. │ Nutrients │ 15,4746 (共著)   5. 2023/06 Effect of long-term carnosine/ anserine supplementation on iron regulation after a prolonged running session. │ Physical Activity and Nutrition │ 27 (2),70-77頁 (共著)   全件表示(116件) 学会発表 1. 2016/07/13 Usefulness of exercise in hypoxia for athletic performance and promotion of health (2016 Global Sport Science Conference) 2. 2016/06/21 運動や食事に対する代謝・内分泌動態〜スポーツ健康科学分野における最新研究 (ヘルスケアデバイス実装技術研究会第4回公開研究会「スポーツ科学からヘルスケアデバイスへの期待」) 3. 2016/05/12 Efficacy of wearing compression garment during exercise and post-exercise (DENMARK-JAPAN SPORTS DAYS) 4. 2016/05/10 The effect of training in moderate hypoxia on health promotion and athletic performance (DK-JP International Symposium on Sport and Health Science) 5. 2016/03/12 低酸素環境下における高強度トレーニングが長距離走パフォーマンスに及ぼす影響 (第28回日本ランニング学会大会) 全件表示(47件) 受賞学術賞 1. 2010/09 大塚スポーツ医科学賞 奨励賞 2. 2004/09 日本体育学会 学会賞 3. 2014/06 地域医療振興・糖尿病学術賞(研究業績表彰) 4. 2013/11 日本トレーニング科学会 第26回日本トレーニング科学会学会大賞 (筋力トレーニングにより腱は肥大するのか) 科学研究費助成事業 1. 2017/04 ~ 2019/03 低酸素環境での運動に対する糖代謝応答-筋収縮様式の相違の影響 │ 基盤研究(B)   2. 2015/04 ~ 2016/03 運動後のコンプレッションウェアの着用が筋機能の回復や筋損傷に及ぼす影響の解明 │ 挑戦的萌芽研究   3. 2014/04 ~ 2016/03 糖代謝の改善をねらいとした低酸素環境下でのトレーニングの効果に関する研究 │ 基盤研究(B)   4. 2012 ~ 2014/03 乳酸代謝能改善をねらいとした高強度間欠的低酸素トレーニングの効果 │ 挑戦的萌芽研究   5. 2011 ~ 2014/03 運動、肥満、加齢が成長ホルモン分泌能に及ぼす影響とその機序の解明 │ 若手研究(A)   全件表示(8件) 競争的資金等(科研費を除く) 1. 2011 ~ 2012 食事の速度は食後の血糖値および食欲調節ホルモン応答と関連するか? │ 競争的資金等の外部資金による研究 │ やずや食と健康科学研究所   2. 2010 ~ 2010 高脂肪食と睡眠時間の短縮がメタボリックシンドローム関連因子に及ぼす影響 │ 競争的資金等の外部資金による研究 │ ヤマハ発動機スポーツ振興財団スポーツチャレンジ研究助成   3. 2010 ~ 2010 食後に行う有酸素運動が血糖値の変動に及ぼす影響―連続運動と間欠運動の比較― │ 競争的資金等の外部資金による研究 │ 財団法人ミズノスポーツ振興会助成金   4. 2010 ~ 2010 腹部内臓脂肪面積と運動時の脂質代謝および成長ホルモンの分泌動態との関連 │ 競争的資金等の外部資金による研究 │ 中富健康科学振興財団研究助成   取得特許 1. 筋肥大促進のための食品、補助食品、及びサプリメント (6029257) 2. 2020/10/01 筋疲労評価方法及び筋疲労評価システム (2020-157037) 研究高度化推進制度 1. 2019/042020/03 研究支援制度分類:専門研究員プログラム種目:-筋グリコーゲン量の増加をねらいとした新規のトレーニングプログラムの開発 2. 2019/042020/03 研究支援制度分類:研究成果国際発信プログラム種目:-ハイ・インパクトジャーナルへの論文掲載に向けた取り組み(プロジェクト10) 3. 2018/062019/03 研究支援制度分類:JSPS特別研究員採択推進プログラム種目:-「血流制限+低酸素環境」で実施する有酸素性運動に対する生理応答 4. 2017/102018/03 研究支援制度分類:研究成果国際発信プログラム種目:-トレーニング科学領域の国際研究拠点に向けての研究成果の国際発信 5. 2017/062018/03 研究支援制度分類:JSPS特別研究員採択推進プログラム種目:-血流制限下で行う持久性トレーニングがエネルギー代謝および筋適応に及ぼす影響 全件表示(11件) 教育活動 ●教育方法の実践例 1. 2019/04 ~ 2019/07 学部科目「トレーニング科学」において、授業のレジュメに講義中のコメントを書き込むように指導し、学生の興味・関心を切らさずに授業を実施することができた。 2. 2019/04 ~ 2019/07 大学院科目「スポーツトレーニング特論」において、グループワークを活用し、準備をした英語論文を題材にしたディスカッションを行った。教員、受講生の双方向での学びを実現させた。 3. 2018/04 ~ 2018/07 「トレーニング科学」において「コミュニケーションペーパー」を授業時に配布し、授業への感想や質問を受け付けた。特に、質問に関して次回の授業の冒頭で回答することによって、学生との意思疎通を実現した。 4. 2018/04 ~ 2018/07 大学院科目「スポーツトレーニング特論」において、グループワークを活用し、準備をした英語論文を題材にしたディスカッションを行った。 5. 2010 「スポーツのサイエンス」にて、毎回異なるトピックを取りあげる。小テストで理解の定着を図る。受講生からの質問を次回講義に解説、フォーローアップ。講義用スライドはwebにアップし、学生の復習に役立てる。 全件表示(11件) ●その他教育活動上特記すべき事項 1. 2015/04 ~ 2017/03 2015年度・2016年度 教養科目基本担当「スポーツのサイエンス」 2. 2014/06 ~ 2014/06 高校等の模擬講義: スポーツ科学の最前線(豊岡高校) 研究交流希望テーマ 1. 運動時におけるエネルギー代謝、内分泌応答、運動パフォーマンスからみたサプリメント摂取や機能性ウエアの効果判定様々な運動(筋力トレーニング、有酸素運動、スプリント運動)時における代謝(エネルギー消費量、炭水化物酸化量、脂肪酸化量)、内分泌応答(血中ホルモン濃度の変化)、運動のパフォーマンス(運動時の発揮パワー、運動持続時間など)を指標に、各種サプリメント摂取や機能性ウエアの効果を評価することが可能です。受託研究または共同研究をご希望される企業様はぜひご相談下さい。受託研究共同研究 ホームページ 立命館大学スポーツ健康科学部 © Ritsumeikan Univ. All rights reserved.

遊雅堂入金できない To66.Asia~],スポーツベットアイオー 入金方法ia | 検索結果 コパサッカー ベラジョンカジノ大勝ち
Copyright ©カジノミー銀行出金 The Paper All rights reserved.